【質問6/7】敏感肌のヒゲの剃り方を教えてください

ひげ剃り,敏感肌,シミ

今回は男性の相談。

もしかしたら、彼や旦那さまも同じ悩みをお持ちかもしれません。

ひげ剃りって、肌が不安定になるんですよ。

ヒリヒリしたり、ニキビができたり。

正しいヒゲの剃り方も学んで欲しいですね。

敏感肌、健康肌の区別なくひげ剃りで大事なこと

ひげ剃りの悩みは大きいです。

男性のヒゲは、太く丈夫です。

そして、毛密度が高く、頭皮の髪の毛の3倍以上の濃さです。

タワシみたいなもの。

これを毎日、剃るわけですから男性も大変です。

柔らかい皮膚と、硬いヒゲ。

何が大事かと言うと、ヒゲだけにダメージを与え、皮膚にはダメージを与えない、ということです。

ひげ剃りでニキビや肌荒れを起こす理由

太く硬いヒゲをカミソリという刃物で剃る。

ヒゲだけを剃ったつもりでも、実は皮膚まで剃っています。

皮膚が刃物で削り取られる。

これが肌荒れの原因です。

刃物が表皮を傷つけ、血が出たり、その傷にバイキンが入って炎症を起こす。

ニキビ菌にやられてジクジク痛みが続くことも。

ですので、ヒゲを剃りながらも、皮膚を削り取らない工夫が必要です。

ひげ剃りで敏感肌にならないよう、皮脂膜ケアのスキンケアをしよう

正しいヒゲの剃り方は、皮膚を削り取らない剃り方です。

T字カミソリで剃る場合は、ヒゲの流れに逆らわず、剃ります。

何度も剃ってはいけません。

片道1回で、済ましましょう。

電気シェーバーは、1往復。

これ以上は肌が痛みます。

押し付けず、ゆっくりと一往復で剃ります。

 

そして、敏感肌にならないスキンケアです。

ひげ剃りで角質層が少なからずダメージを受けて、敏感方向に傾きます。

そのケアは、化粧水ではありません。

油分です。

男性は、油分があると嫌がるものですが、逆です。

油分こそが、外的刺激から皮膚を守るバリアになります。

ひげ剃りで肌荒れしないスキンケアを

男性もスキンケアは大切です。

50歳過ぎて、シミだらけの男になりたくないでしょう。

ひげ剃りで傷ついた部分って、将来、シミになることが多いんです。

首とか、ホホとか、皮膚の柔らかい部分がカミソリで傷ついてシミになります。

結構、若いうちに傷ついたところってシミが出てきます。

40代とかで出てきますので、気をつけましょう。

正しいひげ剃りをして、油分補給をして皮膚を守る。

男性は無頓着なこともあります。

教えてあげてくださいませ。

 

こちらは素晴らしい天然のオイルです。

素肌美エールのホホバ油「オアシス」は、肌が落ち着かない、敏感肌の心配がある方にピッタリです。

お試しください。

オアシスについてはこちらをクリック

ホホバ油,オーガニック

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。