恵那の南東に位置する根の上高原。

恵那山系の山々に連なる高原。

そこで森林インストラクターとして活躍する赤尾友和さんを私の テレビでインタビューしました。

赤尾さんは、自然と人をつなぐお仕事として「自然体験工房NENO」を 主宰しています。

驚きましたのは地元の自然の豊かさ。

赤尾さんが言うには、根の上高原の植物多様性は日本一と言うんです。

その理由は立地の特殊性。

海抜200mの阿木川木曽川から、標高2000mの恵那山までの高低差。

そして北は日本海側から、南は太平洋側からの交点。

さらには、東日本から、西日本との交点。

植生の豊かさにおいて、非常に有利な地域なんです。

ロンドンの自然史博物館?だかも、種を取りに来るんだそうですよ。

当たり前と思っていた自然が、世界にもまれな植物王国だったとは、驚きました。

赤尾さんは、「根の上高原は植物のディズニーランド。365日24時間、見せる表情が違う。

お客様に何を見てもらおうか、コースを考えるのが楽しい」と言います。

私も、彼のガイドでぜひ根の上高原を知り尽くしたい、と思います。

かつて、日本の植物学の基礎を開いたのが、恵那市岩村町出身の三好学(1862〜1939)

天然記念物の概念を広め、「景観」という言葉を生み出した博士。

日本の植物学の父。

地元が誇る大賢人も、この豊かな風土が生み出したのかもしれません。

今年は根の上高原に入り浸ろうと考えています。

皆さん、ご一緒しませんか?

 

自然体験工房NENOの体験プログラムは人気ですぐ満員御礼になってしまいますので、Facebookページを「いいね」しておくと良いです。

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。