【質問2/7】育毛はシャンプーや育毛剤の前にすることがある!

抜け毛,育毛,頭皮,体温

昨日の続きになります。

育毛剤、育毛シャンプーの選び方を質問されました。

それは当社も素晴らしい育毛シャンプーを販売しておりますし、他社さんもあるでしょう。

今日は、「育毛シャンプー。その前に」ということをお伝え致します。

育毛シャンプーを使う前に、使っていい頭かどうか考える

育毛シャンプーや育毛剤は、各社すごい研究開発費をかけて素晴らしい商品を開発しています。

どれもこれも、良いものでしょう。きっと。

ただ、これを使って結果が出る人、出ない人があります。

どんなに良いものでも、使う人の状態によって、差が出ちゃうんです。

例えるなら、育毛シャンプーや育毛剤は、「肥料」です。

髪の毛は、畑で出来る「作物」としましょう。

そして頭皮は、「畑」です。

「畑」、「作物」、そして「肥料」

結果が出る人、出ない人の違いは、「畑」の違いです。

高い肥料をどれだけ撒いても、畑が悪かったら、栄養を受け止めることが出来ません。

あなたは、畑と思っていた所が「砂漠」なのかもしれません。

もしくは、「北極」なのかもしれません。

そんなところに、肥料を撒いても絶対、作物は成長できません。

どんなに育毛シャンプーや育毛剤を塗っても結果がでない理由

畑の例えから、人間に戻します。

頭皮の状態が、育毛シャンプーや育毛剤の結果を左右するのです。

抜け毛の多い方の特徴は、頭皮の表皮体温が低いように思います。

こういうタイプの温度計を買って、実地にテストをしました。

髪の毛の濃い方と、薄い方で頭皮の表皮体温(長いので頭皮体温とします)を計ると、明らかに濃い方の頭皮体温は高いのです。

その境目が、32

頭皮と体温が32以上ある方は、概してフサフサしている方が多い。

32以下の方は、概して薄毛の方が多い。

この温度は私の温度計の計測で、温度計により癖があるようなので注意ね。

私の周り30人くらいの男性で計って出した傾向でした。

育毛シャンプーは頭皮体温が高く血行が良い状態で使おう

頭皮体温が高いということは、何を意味するでしょう。

それは、血行が良いという証明になります。

頭皮、特に頭頂部というのは、人間の体の中で一番、心臓から遠い場所です。

心臓より上にあり、ポンプをたくさん使います。

また頭皮にはポンプ代わりになる筋肉がありません。

頭皮以外の場所は、筋肉が動くことでポンプになり血液が流れやすくなります。

しかし、頭皮は筋肉がなく、血が通いにくいのです。

血が通いにくいと、酸素と栄養が不足することになります。

毛細血管まで血が通わず、毛根に栄養がいかない状態。

それが続くことによって、抜け毛が多くなります。

生えていた毛は細くなり、抜けやすく。

生まれたばかりの赤ちゃん毛も成人前に発育不全で、抜けやすく。

こうした悪循環が薄毛の原因になります。

私の本日一番伝えたいことは、こちらです。

 

育毛シャンプーの前に、頭皮の体温を上げろ!

 

肥料を撒ける状態に、頭皮の健康を回復させろってことです。

頭皮、頭頂部まで血行が良くなり、毛細血管が駆け巡り、酸素と栄養が潤沢に供給される状態ならば、育毛シャンプーも育毛剤も素晴らしい結果が出てくれるでしょう!

髪の毛に良いことは、健康にも良いことです

髪の毛とか爪とか肌は、美として表されます。

身体が健康だと、髪は太く黒くなります。

身体が健康だと、爪はつややかで丈夫になります。

身体が健康だと、肌は透明で輝きます。

健康という土台の上に、美が育つということです。

髪の毛について、育毛、増毛という言葉が独り歩きしています。

その前に健康状態が大事です。

そして健康は体温に比例します。

私は血圧計よりも、体温計のほうが大事だと思います。

体温の高い人に病気の人はいないですよ。

そして育毛も体温で計れます。

頭皮という畑を良い畑にする目安です。

明日は、その体温について書きますね。お楽しみに!

コロナの影響で赤外線温度計がすっごい品薄。

在庫があったら買わないと、何ヶ月待ちって感じです。

紹介しておいてすみません。

赤外線温度計って、ほんと便利です。

足先とかの温度を計ると、冷え性の人って30℃ないですよ。

体温って、身体と身体の健康を計る道具です。

1台、持ってると良いですよ!

赤外線放射温度計 Aidbucks AD-70-50℃~800℃ 赤外線温度計 非接触温度計 温度計 料理用 デジタル温度計
Aidbucks

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。