もしかしたら、敏感肌と思わされているだけかもしれません。

あるアンケートでは、6割から7割の方がご自分を「敏感肌」の傾向があると答えられたそうです。

 

メーカーもそういう市場調査があれば、それに対応したスキンケアを作るのは分かります。

しかし、敏感肌用の化粧品やスキンケアは怖いんです。

 

何が怖いか。

それは薬用成分でかゆみや炎症を抑える、という成分が怖い。

薬というのは良い面である「作用」と、悪い面である「反作用」の2つが裏表であるのです。

だから、薬用スキンケア、医薬部外品化粧など、効果効能が書かれている化粧品は、すべて薬が入ってしまっているのです。

 

この薬効成分は、抑えているだけなので、止めるとリバウンドをします。

ダムの決壊のように、真っ赤っ赤の肌になってしまいます。

さらに悪条件は重なります。

抑え続けた肌は、皮膚の角質生成機能が弱まり、皮膚が薄くなります。

これ、怖いんです。

わずかコンマ1ミリしかない角質層が薄くなって、外部刺激に過敏な状態でさらされます。

真っ赤になるんです、皮膚が。

落ち着かなくなるんです。

 

薬用化粧品を使ったことで、皮膚がダメージを蓄積していくのです。

怖いですよ。

 

薬や化学薬品に頼るのは絶対、止めたほうが良いです。

この点について、まとめたページが出来ました。

ご一読くださいませ。

敏感肌用スキンケアは怖い

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。