夏こそ湯船に使って冷え対策

夏こそ湯船に使って冷え対策

 

お元気ですか。

素肌美エールのある岐阜県恵那市は、夏とっても暑くなります。近くの多治見市は毎年最高気温を連発する地域ですがその近く。

内陸なので気温が上がりやすいんでしょうか。気温35度くらいは上がります。

そして冬はまた内陸のせいでしょうね、気温マイナス15度なんてこともままあります。

なので寒暖差、50度。

これは日本でも有数の厳しい自然環境らしいですよ。住宅博士が言っておりました(笑)

 

さて夏の健康維持は、ズバリ内臓の健康維持です。

汗をかき、血は巡り、ジッとしていても身体は代謝疲れしています。

また夏バテと言いますように、体調不良で食欲不振で結果、さらに疲れる、というような悪循環。

 

この悪循環を1個、変えるだけでよく出来るとしたら。

それは内臓の元気から。

それが湯船での冷えとりゆっくり入浴です。

ぬるめのお湯で15分、ちゃんとお腹の内臓を沈め、温めます。

内臓の冷えを取り、暖かくなって、胃、腎臓、肝臓の動きが良くなると、あら不思議。

体調が良くなって、食欲が出て、疲れが取れて、元気!

薬やサプリの前に、湯船で入浴です。

内臓が元気だと、お肌も元気になりますからね!

ゆっくり、お時間取って、疲れを取って、内臓を温めてあげましょう。

 

イナータスの皆様は、湯船でパックをしておくとさらにキレイが増しますよ。

ぜひパックしての長湯、オススメいたします。

 

 

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。