日焼け,子供,香料,危険

楽しい夏休み、夏のレジャーも楽しみですね!

 

さて女性にとっても(男性にとっても)、かわいいお子様にとっても。

日焼け、紫外線対策は重要です。

日に焼けて、ヒリヒリ真っ赤になるのは火傷と一緒です。

皮膚の繊維を紫外線は破壊しますので、たるみやシワの原因。

そして保湿因子をも破壊しますので、乾燥や小じわ、シミの原因に。

百害あって一利なしです、紫外線。

 

男性もお子様も、ちょっと日焼けしていると健康的でカッコいいんですけどね、ダメージがあることを知っておきたいです。

 

さてそういう日焼けを悪化してしまうお化粧があります。

香料入りのお化粧品は、光過敏性、光刺激性で変質し、皮膚の上で化学変化を起こし、シミの原因になります。

香水、トニックを誤って、顔につけてしまって日焼けをしてしまった方がいらっしゃいましたが、もうそこだけシミに。

これ、ほんと取れません。

 

そこまでひどいことにならなくても、秋ごろに妙にソバカスが増えた、という方。

そして前髪やほほに髪が当たるところに、シミが出来た、というのは、リンスやヘアケアの香料の悪さです。

 

香料入りの化粧品、スキンケア、ヘアケアをつけたままで、海やプールに行かないこと。

これ、大事です。

お母様、ご主人やお子さんは知りませんので、気にかけてあげてくださいね。

香水などデオドラントもご注意くださいませ。

 

 

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。