えごまを露地栽培

路地に植えたえごまが立派に育ってきました。

えごまには、αリノレン酸という抗酸化に優れた美容成分がたっぷり!

この葉も栄養に優れ、美味しいのです。

 

ここ数日の雨、そしてまた晴れ間に強い紫外線を浴びて、いよいよ大きく育ってきました。

頭頂部の一番育つところを摘心をして(摘む)、いじめる段階に来ました。

えごまは強い植物でいじめればいじめるほど、横に拡がって葉と花を多く付けてくれるそう。

そして台風シーズンでも背が低ければ倒れないという昔ながらの知恵だそうです。摘心。

 

それも含めて、摘心することで、葉っぱの初収穫です。

葉っぱを収穫したら、もちろんゴマ醤油漬けで仕込みます。

えごまのゴマ醤油漬け

葉は、シソのようななんとも言えない、青い香気に包まれています。

そこにゴマ油の強い香りがブレンドされ、食欲中枢を刺激。堪りません!

 

1日漬け込んで、明日から食べられそうです。

ご飯が楽しみです。

 

えごまの健康効果は、テレビでも取り上げられていて流行中。

林修先生のテレビで、認知症や脳の計算能力の即時アップなど受験生、高齢者の方にも良いとか。

 

美容では、やはり抗酸化の力。老いない力ですね。

非常に良いです。

 

えごまは、とても強い植物で誰でも簡単に育てられるそうです。

肥料もあんまいらない。

路地に植えてオシマイ。

で、夏には葉っぱ、秋にはえごまを収穫できます。

5〜6月中くらいが種まきシーズン。まだ間に合うかな。

ぜひお試しください。

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。