シミ ソバカス スクラブやピーリングでダメな理由

ピーリング 危険 シミ 素肌美エール

「顔のシミを取りたい!」

「このシミが無ければ・・・

そこでシミを美白するために、「スクラブ」や「ピーリング」という外科的なお手入れで肌を削ってしまう方法があります。

アウトです。

 

顔の皮膚、表皮は薄さ1ミリもありません。0.1ミリの世界。

その薄さで外気からの刺激から身体を守っています。

ちなみに今、あなたが触れる肌表面の素肌は、およそ45日ほど前に生まれた肌細胞の死骸。角化した肌細胞です。

この角化した死んだ細胞の中に、スポンジ代わりにセラミド細胞間脂質が入って潤いを蓄え、滑らかな肌となっています。

 

この肌表面の大切な外壁を、スクラブやピーリングで溶かすなんていう、外科的な大工事は絶対、肌のためにはしてはなりません。

写真のゆでたまご。卵の中身は殻で大切に守られているように、肌も表皮で大切に守られているのです。

この殻がなくなったら、、、、どういうことになるかご存じですか。

 

細菌、微生物に負けて炎症を起こし、赤ら顔、アレルギーのような角化異常が起こって、正常な皮膚になるまで長い期間かかります。

にきびが出来て治らなくなるでしょう。

油分が出て皮膚を覆うようになり、過剰皮脂が肌に負担をかけるでしょう。

水分保持ができず、乾燥が激しくなり、肌が老化、シワシワになるでしょう。

 

こういう二次トラブルが起こりうるお手入れ、それがスクラブであり、ピーリングです。

 

この角質を削るお手入れは、西洋で生まれたお手入れです。

白人はスキンタイプ1、ないし2の肌。

日本人の肌と違い、ケロイドになりにくく、固く丈夫な肌です。

北方の寒い気候に適応していて、角質が厚くなる肌タイプなのです。

だから角質を削ってシルキーな肌にする必要があり、生まれた美容法がスクラブであり、ピーリングなのです。

 

しかし日本人の肌には合いません。日本人の肌は薄く、ケロイドになりやすい肌なのです。

絶対、おやめください。壊された自然が元に戻るのに長い期間がかかるように、壊された肌が元に戻るのには大変な期間がかかります。

ピーリングもスクラブもそうした危険があります。

 

ピーリング、スクラブをしてしまった、それ以来、肌の調子が悪い方。

お手入れ方法が全然変わってきます。

一度ご相談ください。

webmaster@suhadabi.co.jp

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。