夏,日焼け,シミ,手入れ方法,スキンケア

楽しい夏も終わり、美味しい秋の訪れですね。

地元恵那市の和菓子屋さんは、秋の味覚「栗きんとん」で大忙しのようです。

私も初物を本日、食べました。旨し!

 

さて夏の素肌、日焼けなどでだいぶお疲れのはずです。

気をつけていてもどこかで日焼けしちゃんですよね〜。

またエアコンの乾燥もお肌へのダメージ。

 

これらの負担が秋口から徐々に現れてきます。

日焼けがシミになる前に、肌に栄養をたっぷり与えて、シミにならないようにしてあげましょう。

シミは、紫外線に反応したメラノサイト細胞が、墨汁のようなメラニン色素を出して紫外線を吸収します。

この墨汁、もといメラニン色素は、大切な肌の防御反応。

肌細胞を守るために墨汁を出して膜を作って守ってくれたのです。

この墨汁を秋になったら、肌から追い出さないと行けません。

肌の生まれ変わりで、押し上げて、墨汁を追い出してあげましょう。

 

しかし年齢が上がったり、ファンデーションの蓋のせいで、肌の生まれ変わりが阻害されると、残留してシミに変化してしまいます。

色素沈着。

 

これを防ぐのが、栄養のあるスキンケアの役目です。

 

たっぷり栄養を与えて、肌の生まれ変わりを促して、シミになる前に、メラニン色素を追い出してあげましょう!

 

よかったらシェアください

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。