【動画】

大人になってからの赤ら顔はお手入れが原因

 

大人になって肌質が変わってしまった。

敏感肌になった。

赤みが出て赤ら顔になってしまった。

 

赤ら顔でお悩みがとっても増えています。

この赤ら顔の原因、お客様によくよくうかがっていきますと、肌のお手入れ法に原因があることが多いんですよ。

 

例えばこちらは典型的な例。

 

にきび,アクネ,赤ら顔に最初はニキビでお悩みだった方の例です。

ニキビが気になって、ニキビケアの化粧品を使いました。

ニキビケアの化粧品は、油分を取りますので肌が硬くなってしまう傾向があります。

使えば使うほど、ゴツゴツして乾燥系に肌が傾きます。

またニキビのせいで、クレーターになってザラザラとした感触が肌を包んでいたかもしれません。

そこで「ニキビにも効果があってゆで卵みたいなお肌になれる」と聞いて、「ピーリング」をしてしまいます。

または「スクラブ洗顔」でこのザラザラな感触を無くすために、角質を削ってしまいます。

この結果、肌が薄くなって敏感になり、常に赤っぽい肌状態になってしまいます。

 

このようにニキビケア化粧品で肌が硬くなって、それを整えようと角質を削るお手入れをされる方。

これが大人になって赤ら顔になってしまう大きな原因です。

 

ピーリングスクラブ洗顔も、やればやるほど、肌を痛めます。

あなたの肌を守る角質層をゴリゴリと削りとってしまいます。

 

その結果、肌が、かゆくなります。

角化異常が起こり、肌のヨロイを作ることが難しくなります。その結果、敏感肌になります。

 

さらに悪いことにテカテカ油分分泌が起こり、ニキビが出やすくなります。

大きな白ニキビや赤ニキビ、炎症が起こります。

一度、削りとってしまった皮膚の角質層は、環境破壊と同じでなかなか元に戻りません。

かゆくて熱を持ってストレスのかかる肌状態が続きます。

 

そして次のお手入れでしてしまうのが、敏感肌ケアの薬用スキンケアなどです。

敏感肌用のスキンケアは、敏感肌を改善していくお化粧品ではありません。

敏感な肌を抑える、対処療法です。

かゆみを抑える成分が入ったスキンケアです。多くが薬用です。

実は0.01%とか微量ですが、ステロイドが入っています。

 

ステロイドは薬としては有用です。

しかし副作用があることは広く知られていますよね。

もし微量でもステロイドが入っていると知っていたら、あなたは敏感肌用スキンケアを使いましたでしょうか。

ステロイド系化粧品の怖いところは、微量を毎日毎日塗布し続けることで、いつか肌が慣れてしまうことです。

そしてやめた途端、副作用が出ていわゆるムーンフェイス状態になります。

肌が真っ赤になります。

黒ずみが出て象のような肌になってしまいます。

 

以上は、ニキビから赤ら顔、敏感肌になってしまうバッドストーリーです。

 

ご気分が悪くなる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ニキビケアからいつの間にか敏感肌になってしまって、赤ら顔になるお客様が本当に多いのです。

 

今までのお手入れ、負の循環になっていませんか?

 

また赤ら顔やシミの治療で、美容整形のレーザー治療があります。

簡単に言えば、毛細血管を焼いて赤みを消すケアです。

 

こちらは先天的な赤ら顔治療です。

生まれた時から赤ら顔だったり、消えないシミがあったり、そういう方のための根治治療です。

 

子供の頃、白かったあなたには関係のない治療です。

後天的な理由で赤ら顔になられた方がやってはいけません。

赤ら顔の原因が違うのに、違う治療は肌の負担になります。

すでに複合肌トラブルでいっぱいいっぱいなあなたの肌に、レーザー治療という負荷をかけたら、どんな災厄がまたあなたの肌に起こるでしょうか。

肌には着替えがありません。

本当に大切なことだと思いますよ。

 

肌を休め、肌の生まれ変わりを整えるお手入れが赤ら顔ケア

 

赤ら顔になってしまった。しかも熱っぽい。火照る。

こういう場合、第一にお肌を休ませなくてはなりません。

 

言ってみれば、あなたの肌は、風邪を引いた身体そのもの。

体熱で肌に取り付いている刺激物、雑菌などを殺菌しようとしています。

この熱が上がりすぎて、ひかなくなって、自分自身を傷つけようとしているかもしれません。

にきび痕などに起こる肌のクレーターも熱で皮膚を傷つけた結果です。

 

これを止めねばなりません。

 

まずはファンデーションなど肌を覆うことをやめましょう。非常に負担がかかっています。

そして出来ることは、肌を冷ますことです。

でもただ冷ますだけでは雑菌が優勢になって、肌が敏感になってかゆくなってしまうかもしれません。

清潔に除菌していくために、ピュリタス洗顔フォームで優しく雑菌のケアをします。

ピュリタス洗顔フォーム,イナータスピュリタス(洗顔フォーム)

敏感肌、炎症などアミノ酸系の洗顔フォーム。

ニキビ菌や炎症を起こす刺激物を優しく泡で包み込み洗い流します。

洗顔後もつっぱらず、肌の保湿を考えました。

敏感肌、アレルギー肌など肌トラブルの方にも安心して使っていただけます。

また生まれたばかりの赤ちゃんにも沐浴にもお使いいただけます。

ニオイを分解するメマツヨイグサ種子エキスも配合。加齢や脂のニオイが気になる方にもオススメです。

100g 4,800円(税別)

 

次にバーミーローションで水分補給と保湿で潤い、肌をおだやかに冷やします。

 

バーミーローション,化粧水,イナータスバーミーローション2(化粧水)

赤ら顔やニキビの炎症をまず冷やしてあげたい。

そんな保湿成分がたっぷりの化粧水です。

シソ葉エキスは抗炎症作用。

エクトインは優れた保湿力もさることながら、細胞保護作用・細胞修復作用にも優れ、外的ダメージから肌を守ってくれます。

一番大切な保湿力も、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3大保湿成分を高レベルバランスに配合。

つけたうるおいが違います。

120ml 6,800円(税別)

 

まずはここまでのケアで肌を休ませましょう。

 

これを「赤ら顔ケア・ステップ1」としましょう。

 

あなたの肌は戦い続けてきました。

今現在、肌と肌細胞が戦場となって荒れています。

ここにどんな美容成分や栄養成分を入れても身体は栄養を吐き出してしまうでしょう。

あなたの肌は風邪ひき状態。栄養を受け付けません。

だからこそ、水分だけ、保湿成分だけで能動的に肌を休ませます。

この冷ます工程を14日間、続けましょう。

肌が回復していく様子を見守ってあげてください。

 

肌を休ませ、落ち着いてきた14日間の後、次のステップに入りましょう。

ステップ2です。

赤ら顔の状態は、角質層がうまく育っていません。

雑菌が侵入しやすく、肌が不安定です。

ここで肌を人工的にスキンケアで、ガードします。

人間の皮膚には、皮脂膜という肌を守る仕組みがあります。

汗と皮脂とが混ざり合い、乳化して天然の保湿クリームになっています。

弱酸性で雑菌をシャットアウトしてくれます。

この仕組を肌の上にスキンケアで再生し、作りましょう。

 

バーミーローション(水)、オアシス(皮脂)を塗布し、リフレッシングクリーム(膜)で覆います。

 

バーミーローション,化粧水,イナータスバーミーローション2(化粧水)

ステップ2で期待するバーミーローションの役割は、水分補給。

肌細胞がステップ1で十分に休みました。

次は回復のステップ。

回復する時、細胞に一番必要なのが水分。

良質な保湿成分と水分は何より肌細胞の大好物です。

どんどん与えて細胞に元気を取り戻しましょう。

120ml 6,800円(税別)

 

オアシス,ホホバオイル,イナータスオアシス(ホホバオイル

女性の多くは油分不足。ニキビ肌の方には信じられないかもしれません。

女性は20代を過ぎると肌が乾燥に傾きます。

これは油分分泌が減少し、肌内部の水分が蒸発してしまうから。

水分補給だけではダメなのです。油分補給を忘れてはいけません。

ホホバオイルは人間の皮脂と組成が非常に近い基材。

また殺菌整菌作用が高く、ホホバオイルをアメリカインディアンは皮膚病にも使っていたとか。ニキビ菌の抑制にもとても効果が高いです。油分を肌の上に十分に載せることで肌が守られます。

40ml 10,000円(税別)

 

リフレッシングクリーム,保湿クリーム,イナータスリフレッシングクリーム(保湿クリーム)

化粧水とオイルで、水分と油分のバランスが整いました。

肌は落ち着き、再生が活発になります。

保湿クリームでサランラップの膜を被せるように、この良いバランス状態を保ちます。

乾燥の心配のない肌は、内側の活性に力を注ぐようになります。

肌が動き始め、生まれ変わりのプロセスがいよいよ盛んになっていきます。

40g 8,000円(税別)

 

この水・油・クリームで皮膚が外的刺激から守られます。

内側は保湿と適切な油分で肌力、肌の地力が上がります。

クリームは膜を作って乾燥を防ぎ、肌の活性化を促します。

これもまた14日間、肌を見守りながらお手入れして肌の成長を待ちます。

1日、1日、肌が落ち着いていくのが分かって楽しいステップになると思います。

ムズムズかゆいような落ち着かなさが減って、徐々に快適になってくるイメージです。

 

ステップ3では、最終的なケア段階です。

いよいよ健康なお肌を取り戻す大切なステップ。

ステップ2までで、お肌の基礎体力の回復、そしてガードする皮脂膜作りと進んできました。

ステップ3は、肌細胞の健康な生まれ変わりを助長し、かつ紫外線ケアで肌を老化させる3大要素(汚れ、乾燥、紫外線)をすべて除去します。

これまで28日間のスキンケアで、肌がいよいよ上昇気流に乗ってきました。

健康な肌まであと少しです。

健康な肌を育てるケアに入っていきましょう!

毛穴ケア、栄養補給のケア、そして紫外線のケアです。

 

クレンジング,イナータスクレンジングローション2(皮脂汚れ落とし)

ニキビの出来やすい肌は毛穴が詰まりがち。

その詰まりの原因は皮脂汚れにあります。

このクレンジングは、人間の皮脂汚れを落とすために開発された専用クレンジング。

一般の化粧品用クレンジングでは落とせないシツコイ皮脂汚れを安全に簡単に落としてくれます。

ホホバオイル、アボカドオイル、スクワランオイルの3種のオイルは、人間の皮脂を安全に溶かしてくれます。

もちろん毛穴に詰まった皮脂をも溶かしてくれますのでニキビケアにも役立ちます。

クレンジングとピュリタスのダブル洗顔で、肌の汚れは安全に落とされます。

120ml 6,800円(税別)

 

皮脂は8時間で汚れて肌にとって邪魔な物質に変化します。

肌に残った皮脂が、酸化して過酸化脂質になるとまた炎症を起こし、赤ら顔の原因になります。

イナータスのクレンジングで皮脂汚れを落としましょう。

次にピュリタスで洗顔です。雑菌のケアですね。

そしてもうひとつのビューティーパックで毛穴ケアの完成です。

ビューティーパック,イナータスビューティパック

クレンジング、ピュリタスで毛穴の詰まりが取れました。

毛穴は肌深部へのパイプ。

美容栄養成分を届ける重要な役割があります。

ここで毛穴と肌にパックを乗せ、栄養補給とクリーニングを完成させます。

ハチミツのような少し甘い香り。

トロトロの美容液成分が肌全体を包み、浸透します。

キレイな毛穴に存分に栄養を行き届かせてくれます。

薄くなった皮膚を再生し、肌細胞を活発にしてくれるパックです。

目元、口元、唇までも使えて肌をプックリと膨らませてくれます。

120ml 6,800円(税別)

 

そしてバーミーローション、オアシス、クリームの3点で皮脂膜のように肌を守る壁を作ります。

とっても大事な工程です。

最後の仕上げに日焼け止めクリームです。

ソルクラウデーレA+B,日焼け止めクリーム、イナータスソルクラウデーレA+B(日焼止クリーム)

角質層を削り、薄くなってしまった皮膚。そこに紫外線が刺さってしまうと大変です。

もう赤く炎症を起こしたくありません。しっかりと紫外線ケアをします。

ソルクラは紫外線吸収剤を使わず、安全な酸化チタン等の紫外線乱反射剤を使用。

細胞保護作用に優れたエクトインやDNA損傷の修復が期待できるユキノシタエキスなど肌を紫外線から守る機能と、再生する機能を贅沢にもたせました。

肌の負担になる日焼け止が多い中で、肌を元気にさせてくれる日焼け止クリームです。

40g 8,000円(税別)

紫外線が肌にとって最悪の刺激であることは広く知られています。

赤ら顔の薄い肌の方にとって、紫外線は最悪です。

肌が薄く直接、肌深部に紫外線が届き細胞を損傷させてしまいます。

赤ら顔の今は、シミが出来やすい状態です。

それを防ぐのがこのソルクラと呼ばれる日焼け止めクリームです。

コラーゲンがたっぷりと配合され、肌の厚みを作ってくれます。

またユキノシタエキスは壊れたDNAを修復してくれる作用があります。

肌がキレイにそして丈夫になる成分、その上で紫外線を防いでくれるのです。

これを朝のお手入れとして、仕上げてください。

1日、肌が落ち着いて、育っていく感覚があると思います。

日焼け止めクリームは、4時間おきに塗り直します。

昼ごろ、そして夕方、油取り紙で油分を拭いて、日焼け止めクリームを塗り足します。

お化粧直しはこれだけです。簡単です。

夜は、クレンジングオイルから、ピュリタス洗顔、ビューティパック、バーミーローション、オアシス、保湿クリームまで塗布します。

これで夜の間も肌は育ちます。

朝から夕方、そして寝ている間中、肌が育つ環境を整えてあげます。

 

赤ら顔ケアのステップ1〜3のまとめ

ニキビや赤ら顔など長くお悩みの方は本当に辛かったと思います。

赤ら顔は決して病気ではありません。

肌のケアを間違った方向に進めてしまい、悪循環の結果なのです。

この悪循環を良い循環にする機能を人間の肌は持っています。

その力を手助けしてあげるのがスキンケアの考え方です。

スキンケアは薬ではありません。飲んですぐ効くという物ではなく、育てていくという発想です。

だからこそ、一度育った肌はずっと健康を保つようになります。

私どもはエステ店を併設し、お客様の肌を何千例と施術させていただきました。

そこから導き出された赤ら顔ケアのステップは、どなたにも素晴らしいステップとなると確信しています。

ここでもう一度、まとめてみます。

 

赤ら顔のお悩みの方はまず損なわれた肌の基礎体力を取り戻すために肌を休ませます。

そして基礎体力が戻ってきたら、栄養補給と肌のガード機能を取り戻します。

最後に毛穴ケアをして肌深部への栄養補給、生まれ変わりを促し、良循環を完成させます。

 

赤ら顔、敏感肌をこのステップ3を実行し、およそ3ヶ月間から半年を目安にします。

ご自身の肌が育っていくこの期間は毎日が変化を感じていただけることと思います。

かつての白い肌を一緒に取り戻しましょう。

 

ステップ1で、肌を休ませ、基礎体力の回復を目指します。

ピュリタス,イナータスバーミーローション,化粧水,イナータスピュリタス(洗顔フォーム)

100g 4,800円

バーミーローション2

120ml 6,800円

 

ステップ2で、基礎体力のついた肌に水分、油分の栄養補給をしっかりします。

化粧水,イナータスオアシス,ホホバオイル,イナータスリフレッシングクリーム,イナータスバーミーローション2

120ml 6,800円

オアシス(ホホバオイル)

40ml 10,000円

リフレッシングクリーム(保湿クリーム)

40g 8,000円

 

ステップ3で、肌の生まれ変わりを促し健康な素肌を咲かせます。

クレンジング,オイル,イナータスビューティパック,イナータスソルクラウデーレ,ソルクラ,日焼け止,イナータスクレンジングローション2

120ml 6,800円

ビューティパック

120ml 6,800円

ソルクラウデーレA+B

40g 8,000円

*価格はすべて税別金額

 

今までの対処療法的な解決法ではなく、肌を育てていく皮膚科学の本質に沿った解決法です。

 

でもすぐに赤ら顔が白くなるわけではありません。

1年かかった赤ら顔は1年かかります。

肌という自然は、自然環境と同じで回復するのに時間がかかります。

でもその間も肌がどんどん良くなって、美肌に育っていってくれます。

肌はお花と一緒で手を掛けた分は必ず答えてくれます。

毎日の肌育て、楽しいですよ。

 

後天的な原因の赤ら顔、敏感肌の方、昔の白肌取り戻しましょう!

後天的な赤ら顔、昔は色白だった方。

にきびの方、吹き出物の方。顔が赤くなってきている方。

1個の間違ったお手入れが、どんどん悪循環にしてしまいました。

その悪い流れの鎖を断ち切りましょう!

対処療法ではない、肌本来の成長を促すお手入れを実践しませんか。

 

素肌美エールからの応援【まずはステップ1】

お一人様1回限りの赤ら顔ステップ1の応援企画です。

ステップ1で使うスキンケアセット「バーミーローションとピュリタス」をこちらでお買上の方に限り、10%のポイント還元と4000円相当のサンプルセットをおつけします。

ついたポイントはステップ2に進む時にお使いいただけます。

サンプルには全6品のイナータススキンケアが入っております。肌育てケア、素肌美スキンケアのイナータスをシリーズで使ってみてください。お肌の違い、感じていただけます。

素肌美エールの赤ら顔ケアは、肌トラブルの原因から対処していきます。

真剣に結果を変えたい方のお力に必ず成れると信じています。

このステップ1からのスタートが、あなたのお肌のきっかけになります。

ぜひこの応援企画で、お肌を変えてあげてください。

 

赤ら顔ステップ1応援企画のご購入はこちら

赤ら顔セット,ステップ1,イナータス

購入者特典

1、赤ら顔スキンケア完全マニュアル(非売品)

2、イナータススキンケアサンプルプレゼント(内容量4,000円相当)

3、ポイント10%付加チャンス(1,252円相当のポイント付加)

 

一足お先に赤ら顔から脱出されたお客様の声

 

 

自分に合う化粧品があるはず、といろいろなメーカーのものを試しました。

ニキビ症の肌だったのでオイリー肌をどうにかしたい、と思っていました。

ニキビケアをするようになって肌が荒れ始めたように思います。

カサカサ、ザラザラするので今度は保湿の化粧品を求め、肌が落ち着かなくなりました。

敏感肌でかゆいのもあって、素肌美エールに相談しました。

私の場合、かゆみは化粧水とオアシスとクリームを塗るように聞いて試すと、次の日、落ち着いた感じ。

その日からファンデーションを我慢してメイクだけして仕事に行きました。マスクもして。

どんどん毎日、落ち着いてきてクレンジング、パックも出来るようになって肌が柔らかくなっていきました。

肌が白くなってかゆくなくなって、毎日が楽になりました。

もっと美肌になりたいと思っています。 岐阜 Aさん

 

エステでピーリングをしてしまいました。

1回すると少しクスミが取れたように感じました。

2回、3回としていくうちに肌が花粉のシーズンでもないんですがムズムズ。

赤みが目立つようになってきました。

かゆみが出てきて敏感肌になってしまったように感じました。

まだその時はピーリングのせいとは思っていなかったので体質のせいと思っていました。

素肌美エールのホームページを見て、もしかしたら自分の事?と思って相談しました。

店長さんの言うとおりの肌の症状で、原因もやっぱりピーリングだと確信。

薬を塗っても解決にはならない、と聞いて保湿から始めました。

何度か泣きそうになりながら電話で励ましてもらって続けてみました。

我慢できないときは、オアシスと化粧水とクリームを混ぜてたっぷりと肌に乗せ、アイスノンで冷やして我慢しました。

薬もかゆみも抜けてきて、我慢が出来るようになって感動。

イナータス、すごいと思いました。

お手入れ、これからも頑張ります。 愛媛 Oさん

 

肌育てには方法があります。

壊した肌を元通りにしていくには、根っこの部分を助けてあげないと変わりません。

壊れた肌を基礎体力を戻していく作業、これがステップ1です。

ステップ1にトライする皆様に応援の企画を作りました。

もう化粧品ジプシーになる必要はありません。最後のスキンケアと信じています。

赤ら顔ステップ1応援企画のご購入はこちら

赤ら顔セット,ステップ1,イナータス

購入者特典

1、赤ら顔スキンケア完全マニュアル(非売品)

2、イナータススキンケアサンプルプレゼント(内容量4,000円相当)

3、ポイント10%付加チャンス(1,252円相当のポイント付加)

 

赤ら顔対策Q&A

 

Q 赤ら顔がスキンケアで治りますか?

 

A 申し訳ありません。スキンケアは薬ではありませんので、治るといえるものではありません。

赤ら顔は病気ではありません。間違ったスキンケアの結果です。

これを正しい肌育ての方向にスキンケアをしてあげれば、健康で自然な素肌が育ちます。

特に後天的に赤ら顔になられた方は、正しいスキンケアをしてあげれば、早いと思います。

 

Q 敏感肌用化粧品を使っています。大丈夫でしょうか?

 

A 敏感肌用化粧品には、肌の症状を抑える成分が少なからず入っています。

薬用成分などは、薬の範疇です。

使用を止めることでトラブルが出ることがあります。

が、私どものスキンケアを併用していただければ、最小限になると思います。

敏感肌用化粧品は、敏感肌を治すためのものではなく、かゆみなどを抑えるものです。

肌の未来のことを考えると、オススメできません。早めに卒業されたほうが良いと考えます。

 

Q ジュクジュクした油分が出て肌がテカって赤ら顔です。かゆみもあります。ワセリンを塗ったりしてまたニキビが出来たり。辛いです。

 

A 角質層を削るお手入れ、スクラブやピーリングをするとバリア機能が無くなり、肌が不安定になります。

角層は皮膚のヨロイ。これがないと超敏感になります。それこそ、チリや花粉で炎症を起こします。

ワセリンも肌を守るために必要なこととして処方されたのだと思います。

スキンケア的には、赤ら顔ステップ2の工程になりますが、皮脂膜というバリア機能を擬似的に作るのと同じです。

もし代用出来るならステップ2をしていただくと、肌の落ち着きが違います。また肌の育つスピードも上がります。

これだけの不快な反応は本当にお辛いと思います。

しかし慌ててあれもこれも、と進むよりもまずステップ1で肌を休めることがまず大事です。

肌は良くなろう、と頑張ってくれていますので、その方向に向かうお手伝いをするのがスキンケアの役割です。

まず休めてあげましょう。その後はお電話で相談しながら進んで行きましょう。

 

Q ピーリングをしてしまいました。大丈夫でしょうか。

 

A ピーリングは大変危険なお手入れです。

酸の溶液で肌の角層を溶かしてツルツルにするというお手入れ法。

ヨーロッパ、白人文化のお手入れで、肌がゴワゴワ固くなる肌質の人種がする美容法。

専門的に言うと、スキンタイプⅠ、Ⅱの白人種は寒いところに適応しているので、角層が剥がれにくく、厚くなる傾向があります。

そうすると肌の生まれ変わりが阻害されますので、溶液で溶かしてあげるということになります。

一方、スキンタイプⅢ、Ⅳの日本人の肌は、薄い肌。

角質層がゴワゴワするようなことはあまりありません。なのでこのピーリングは、過剰なお手入れ。日本人の肌には合っていません。

また日本人の肌はケロイドになりやすい肌質なので、その点からも怖いです。突っ張ったり、肌が薄くなりすぎてしまいます。

ピール(剥く)という言葉通り、肌を薄くしてしまうお手入れです。やらないほうが良いと私どもは考えます。

 

Q 外から室内に入るとポッと顔がホテリます。大丈夫でしょうか。

 

A 気温の変化、湿度の変化に肌は敏感です。

バリア機能、角層が健康な状態ですと自然に戻ります。

あまりほてった状態が続く時は、バーミーローションで冷やしてあげるのも良いでしょう。

冬など乾燥状態でどなたも肌が不安定になります。そんな時にもささっとバーミーローションで保湿してあげると良いです。

 

Q 子供の頬が赤いのは赤ら顔でしょうか。

 

A 赤ら顔という症状があるわけではありません。

ほほが赤いというのは、子供の場合、まだまだ肌が大人と較べて刺激を受けやすいせいかもしれませんね。

人間の肌は、汗(水分)と油分が混ざり合って、皮脂膜というバリアを作ります。

このバリアを作る油分分泌が、子供の場合、少ないです。

だから皮脂膜が作れずに、刺激を受けやすく、赤らみやすいということが考えられます。

私どものオアシス(ホホバオイル)を、塗ってあげてください。

オアシスの主成分のホホバオイルは、人間の皮脂に近い植物性のオイル。

皮脂の代わりとなって、皮脂膜を作ってくれます。

子供のトビヒなども、この油分不足で皮脂膜がなく、雑菌にやられる症状。

そういう面でも、オアシスはとても良いです。

 

Q レーザー治療はどうでしょうか?

 

A おそらく毛細血管拡張症の治療としてのレーザー手術のことと思います。

美容目的ではなく、治療ですね。

先天的な赤ら顔やシミ治療に使われるものです。

後天的に赤ら顔になられた方には必要のないものと考えます。

 

 

 

赤ら顔のスキンケアを真剣に

赤ら顔は病気ではありません。怖いレーザー手術や習慣性のある敏感肌用スキンケアをする必要はありません。 肌を健康にするのはスキンケアの役割。ぜひ、ご一読くださいませ。